教会

デザインにこだわっているエタニティリング

予算で選ぶダイヤの指輪

リング

4つのCのグレードが重要

婚約指輪は愛する人への愛の証明として贈るものなので、宝石はダイヤモンドとなっています。そのため値段が通常の指輪より高くなっています。かつては男性のお給料の3ヶ月分が購入目安と言われていましたが、今は25万円から45万円が一般的な相場になっています。それぞれによって都合がありますから、必ずしもこの範囲の婚約指輪でなければならないというわけではないのです。無理をしないで購入できる婚約指輪を選ぶことが大切です。ダイヤモンドの価値は4つのCで決まります。カラット、カラー、クラリティ、カットです。予算によって選ぶ場合は、この4つのCのグレードを基準にすればいいのです。予算に余裕がある場合は大きなカラットで、カットは最高品質のエクセレントを選ぶことができます。カラーも無色の高級品にできますし、クラリティでは傷や含有物のないダイヤを選ぶことも可能です。反対に予算が少ない場合は、これらの4Cのグレードを下げればいいのです。小さなカラットで、カラーもグッドやフェアーにすればかなり安く購入できます。クラリティも多少の包含物があっても一般的にはわかりませんから、品質にこだわらなければ10万円以下でも婚約指輪を購入できるのです。ダイヤモンドの輝きを際立たせるのがカットですが、予算で決める場合はカットの選び方によってかなり値段が違ってきます。このようにダイヤモンドは4つのCを基準にして選べば、予算に合わせて購入することができます。