頑固なセルライトを脂肪吸引で除去|専門医院は口コミから探すべし

女性

気を付けたいこと

カウンセリング

参考にすること

美容整形外科の人気治療の1つに脂肪吸引があります。身体の各部位に分けての治療ですが、どの部位の脂肪吸引の治療を受ける場合でも、気を付けたいことを幾つかあげます。1つ目は治療を受ける病院選びです。脂肪吸引は麻酔を使用します。笑気麻酔、部分麻酔とありますが、大きな部位になると全身麻酔を行うため、術後の自家用車の自分での運転は禁止されます。その為、自分の家からの交通機関の利用のしやすさ、付き添いが居るなら駐車場の有無や待ち時間を確認します。また、保険外治療の為、金額は病院によって大きく差があります。今はホームページのある病院が多いので金額を調べましょう。また口コミサイトで経験者の細かな治療内容を把握出来ます。金額が高い場合でも、手術前後のケア代の場合もありますので、安易に安さで選ばずに、気になる場合は直接電話で確認します。麻酔代や手術後の圧迫用品、雑費等含まれていない掲載の仕方もあります。次に担当の先生です。実は先生選びは非常に重要になります。脂肪吸引は吸引量は先生が判断して進行します。お尻で例えると極限まで脂肪を無くす先生や、丸みを出すために吸引量を減らす先生もいます。最初に希望を細かく伝えることも大事ですが、自分と美的感覚の近い先生を選ぶのが仕上がりの満足度、安心感に繋がります。今はホームページや口コミサイトに症例写真を多く掲載されていますし、病院に行けば症例写真を直接見せてくれることもあります。また、理想の芸能人やモデルの写真を見せるのも大事です。写真は多いほど伝えやすいです。そして、手術を受ける日程です。脂肪吸引は元々は身体に付いていた脂肪を取るわけですから大きく腫れや痛みが出ます。痛みを我慢すれば動けると安易に考えて短い休日で手術を受けるのは身体に負担がかかりますし、仕上がりに影響を与えます。治癒の過程で殴られたように手術部分全体が青く内出血が広がり、皮膚が突っ張ります。人目に触れる場所なら完璧に治るまで1ヶ月は必要です。生活に支障の無いくらいに動かせるようになるには一週間はかかります。数日は触れるだけで痛むので、仕事や家事をするのは無理があります。手術をする場合、最低でも1週間は日にちを取りましょう。最後は宿泊施設を利用する場合です。口コミサイトでは、遠方の病院を利用する場合や、頼る人がおらず病院の行き来が出来ない、帰っても生活が出来ないなどの書き込みがあります。そのような場合は病院周辺の施設を探します。病院によっては、泊まれる部屋がある場所、周辺の宿泊施設と連携していて送迎がある場所もあります。病院内の場合は手術前の利用はできないことが大半です。連携施設はホームページに記載していないこともあるので、病院に確認しましょう。全身麻酔の場合、稀に麻酔が効きすぎて起きられずに、帰りの電車に間に合わなかったり、部分麻酔でも気分が悪くなったりするケースもありますので宿泊施設の利用は脂肪吸引を受ける人にとっては活用したい方法です。このように、脂肪吸引の手術を考える場合、病院のホームページや口コミサイトが参考になります。