教会

デザインにこだわっているエタニティリング

代表的な宝石

手

輝きを重視する

仙台で婚約指輪をお探しの方に質問ですが、婚約指輪に用いられる宝石と聞くと、どんな宝石を思い浮かべられるでしょうか。恐らくほとんどの方がダイヤモンドをイメージされるはずです。実際にダイヤモンドは婚約指輪に用いられる宝石として非常に人気が高いわけですが、その理由のひとつとしては、永遠の絆という石言葉が2人の婚約の記念品にふさわしいと考えられているからです。以下では、仙台でダイヤモンドを用いた婚約指輪を選ぶ際のポイントを見ていきます。結婚指輪に比べて大きめのダイヤモンドを用いることが一般的なため、見た目にインパクトのある婚約指輪とするためにはダイヤモンドの選び方が大切になってきます。他の代表的な宝石であるサファイアやルビーとは異なり、一際美しく輝くダイヤモンドを手に入れるためには、4Cと呼ばれる評価基準についての知識が不可欠です。中でも、加工後の輝きを左右するCUT(カット)は非常に重要な要素であり、また人の手によって定められる唯一の評価基準となります。例え同じダイヤモンドの原石を用いたとしても、その輝きは施されるカットの違いにより、全く異なるものとなります。仙台のお店で選ぶ時には、様々な種類の婚約指輪を見ることで、カットの違いを実際に確認してみるとよいでしょう。ここで参考情報をひとつご紹介します。ダイヤモンドは無色透明なものばかりではなく、ピンク、イエローといったカラーも存在しています。特にピンクは可愛らしい印象を与えることができるため、仙台でも選択される方が一定数います。